ワイングラスを持っている人達
レストランの厨房とレジ

税理士へ相談

新しく事務所や飲食店などを経営したいと考えているのなら、税理士へ相談してみると良いでしょう。自分の目的を伝えることで、開業までにどのようなことを行えば良いのかプランを提案してくれます。

この記事の続きを読む

お店を持ちたいと思っている方はチェックしましょう!美容室を開業するなら徹底的にサポートをしてくれるこちらにお任せしてみませんか?

女性のカフェ店員

増えているFC店舗

フランチャイズと言うと、コンビニが有名です。飲食店もあり、全国的に展開しています。介護サービスを提供している業者にもFCのところがあります。人の役に立つ業界で働きたいのなら検討してみると良いでしょう。

この記事の続きを読む

お洒落なレストラン

オーナーを目指すには

店舗のオーナーを目指す人が選んでいるのが、ラーメン店です。フランチャイズ展開もしています。独立開業して自分の店舗を持っている人も多いです。企業セミナーなども行われているので参加してみると良いでしょう。

この記事の続きを読む

カフェ経営をするには

将来的にカフェを開業したいと考えている方にはこちらの学校がおすすめです!あなたの夢を応援してくれますよ!

中国輸入代行業者をお探しならこちらがおすすめですよ!商材の仕入れなどに役立ちます!お気軽にお問い合わせを!

サポートセンターの男性

カフェ、つまり喫茶店を経営する場合にはまず基本的な事から固めていく事が重要です。 経営を開始するという事は、その時点で経営を始めた当人の方が経営者であり、運営者でもあります。 その為、経理や簿記や会計学も知識として持ち合わせていなくてはならず、その上で個人営業の確定申告や個人事業者の税切り替えの届け出などをこなしていく必要があります。 他にも、重要なのは必要資格です。 カフェを開業するという事は飲食物を取り扱う事を意味します。 つまり、それだけ法令で定められた必要な資格を保有し、開業をしなくては違法となるケースもあるという事です。 例えれば食品衛生責任者の資格や、これは他の産業でも例や類するモノなのですが防火管理者などの資格が必要となります。

そして喫茶店に限らずこの手の個人営業の際には営業許可申請の提出する必要もあり、それが無くてはラーメン屋だろうと洋食店だろうと適切な申請を出さなくては開業する事も出来ません。 その申請の際には水質検査成績証明書のコピーなどの提出や、店内の間取りの営業設備の配置図なども提出しなくてはなりません。 基本的にカフェは飲食店と形態の類似性が高く、開業するなら飲食店開業に必要な申請と資格、そしてカフェですから珈琲などの国外から輸出入する際の細かい申請なども必要となってきます。 それ等の必要な手続きと必要資格の修了を経て、晴れてカフェを開業する事が出来ます。 後はどんなカフェを経営したいか、どんな雰囲気のカフェを経営したいか、それは経営者の腕とデザイン思想に左右される事となります。